あなたにおすすめの家庭用ビールサーバーを探す>>

【失敗しない】家庭用ビールサーバーの選び方。購入の際に知っておきたい注意点も解説!

『家でも気軽に美味しいビールが飲みたい』『ホームパーティーがしたい』

自宅でも、お店のように注ぎたての美味しいビールが飲めることで人気なビールサーバー。

失敗したくないしたくさん種類があってどれを選べばいいかわかりませんよね。

今回の記事では、失敗しない家庭用ビールサーバーの選び方と購入の際のポイントについて解説するので、ぜひ参考にしてください。

コスパで選びたい人は安い家庭用ビールサーバー
持ち運びたい人はコンパクトな家庭用ビールサーバー
父の日や結婚祝いに渡したい人はプレゼントにおすすめの家庭用ビールサーバー
本格派を味わいたい人は本格派のおいしい家庭用ビールサーバー
メーカーで選びたい人は家庭用ビールサーバーのおすすめメーカー

また、「総合のランキングが見たい」という方は家庭用ビールサーバーおすすめ人気ランキングをご覧ください。

また、本格的なクラフトビールをご家庭で楽しめるDREAMBEERもおすすめです。DREAMBEERはサーバー代無料(ビール代のみ)で100種類の銘柄のビールが楽しめます。ぜひ一度ご検討してみてはいかがでしょうか?

目次

家庭用ビールサーバーの選び方①:使うシーンに合わせてタイプで選ぶ

シーンに合った3つのタイプがあるので、それぞれ口コミを見ながらご紹介します。

家庭用ビールサーバーはタイプで選ぶ①:卓上タイプ

卓上タイプは本格的なビールの味を味わいたい方はもちろん、泡にこだわりたい方にもおすすめ。

スーパーで買ったビールをより美味しくするために、クリーミーな泡を再現したいですよね。

卓上タイプは、クリーミーで繊細な泡を作ることができるので、ビール本来の味や香りを長持ちさせ、より本格的な味が自宅で簡単に楽しめます。

大きさや見た目は様々なので、インテリアとしてお部屋に合ったビールサーバーを選ぶのも良いですね。また、よくホームパーティを開催する方は、ゲストに喜んでもらえるおもてなしの1つにもなるでしょう。

 卓上タイプのおすすめ家庭用ビールサーバーはこれ!『 GREENHAUSE 超音波式スタンドビールサーバー 』

GREENHAUSE 超音波式スタンドビールサーバー

超繊細な泡と、-14℃の氷点下保冷剤でよく冷えた注ぎたてのビールが味わえるので、本格派の人にぴったり

さらに、バッテリー式なのでアウトドアでも利用でき、グレードアップしたバーベキューが楽しめます。

スッキリとした見た目で場所を取らず、自宅のダイニングテーブルでも使用できるので、お家居酒屋を作ってみてください。

GREENHAUSE 超音波式スタンドビールサーバー の口コミ

・これなら生ビールのために居酒屋に行かなくてすみそう!

・ノンアルで本格的に楽しめるのも良い

・おじいちゃんにプレゼントしたら喜んでもらえたよ。

家庭用ビールサーバーはタイプで選ぶ②:ハンディタイプ

とにかく簡単・手軽に、いつもと違うビールが飲みたい人におすすめ。

缶ビールに取り付けるだけなので、とりあえず試してみるのもありだと思います。

電池を入れるタイプが多いのでコンセント入らず、出先でも安心して使えて便利なのも人気の秘訣です。

缶のサイズによって対応していないものもあるので注意が必要。

ハンディタイプのおすすめ家庭用ビールサーバーはこれ!『ENERG ハンディビールサーバー』

ENERG ハンディビールサーバー

冷やした缶ビールに取り付けてボタンを押すだけで簡単に本格的なきめ細かい泡ができます。乾電池3本でどこでも持ち運べるのもありがたいですね。

キリンビール・アサヒビール・サッポロビールや海外の缶ビールにも対応しているので、幅広く使用できます。

口コミ

・いつもの缶ビールより1ランク上のビールが飲みたい人におすすめしたい。

・冷やしたグラスに注ぐと完璧!

・取り付けるだけなのが簡単で良い

家庭用ビールサーバーはタイプで選ぶ③:ビアフォーマー

グラスに注いだビールに直接差し入れて使うことができるので、自分が好きな銘柄のビールに使うことができ、ビールにこだわりがある人におすすめ

ハンディタイプより、かなり手軽に扱うことができるのもいいですね。

ビアフォーマーのおすすめ家庭用ビールサーバーはこれ! 『グリーンハウスビアフォーマーマドラー型』

グリーンハウスビアフォーマーマドラー型

ボタンひとつで完結する簡単な操作、ささっと丸洗いでお手入れできます。

軽くて小さいので、アウトドア好きな人にはもってこいです。

口コミ

・汎用性とコスパが高い

・これだけでビールが美味しくなるのは面白い

・軽いからパーティーの時に持っていきたい!

家庭用ビールサーバーの選び方②:好きなビールの対応容器(缶か瓶か)で選ぶ

ビアサーバーは種類によって対応しているビールが異なっており、注意が必要です。 

自分の好きな銘柄や、缶ビール派や瓶ビール派など、ご自身が好きなビールに合わせて選びましょう。 

家庭用ビールサーバーの選び方③: 泡の作り方・発生方法で選ぶ

ビールには泡立ちが重要です。どうやって作られているかを確認しながら、ビールサーバーを見てみましょう。

泡の作り方で選ぶ①:炭酸ガス式

ビールの炭酸が抜けにくく鮮度が保てるところがポイント。

ガスボンベを使って炭酸ガスで容器に圧をかけて泡立ちを作ります。

専用ボンベが必要ですが、業務用ビールサーバと同じ手法でお店の味を自宅で再現できるので、お店気分を味わいたい人におすすめです。

炭酸ガス式のおすすめ家庭用ビールサーバーはこれ!『 uKeg ユーケグ』

uKeg ユーケグ

GROWLERWERKS UKEG GO 64 TUNGSTEN タングステン アウトドアビアサーバー 743084

新鮮なビールをアウトドアで飲みたい人におすすめ

熱を防ぎ、真空状態を保つ2段構造でハイレベルなビールが自宅で楽しめます。

口コミ

・お店の生ビールを完璧再現できる!

・ビールだけじゃなくて、炭酸水やカクテルにも使えて嬉しい

・軽いけど、他のサーバーと比べると重いかな。

泡の作り方で選ぶ②:超音波式

電池でより手軽に使用できるので、扱いやすいのがポイント。

細かい振動を与えることで泡立ちを作ります。

とりあえずワンラック上のビールが飲んでみたい人におすすめです。

 

超音波式のおすすめ家庭用ビールサーバーはこれ!

グリーンハウスハンディビールサーバー

1秒間4万回の振動で繊細でクリーミーな泡を作り上げるので、簡単に繊細な泡を味わいたい人におすすめ。

電池2本だけでお店の味が再現できるのもいいですね。

口コミ

・安いのに機能してて嬉しい

・冷やしたビールじゃないとあんまり泡立たないかも

・お店で飲む生ビールと変わらない!

家庭用ビールサーバーの選び方④: なるべく手入れが簡単なもの・パーツの取り外しが出来るものを選ぶ

自宅で扱うときに気になるのが、お手入れの方法ですよね。

丸洗いできたり、パーツが分解できて洗いやすい仕組みになっているものがあります。

洗浄や組み立ては、衛生的に壊れないよう長く使うには欠かせないことなので要チェックです。

家庭用ビールサーバーの選び方⑤: 保冷機能の有無で選ぶ

ビールはやっぱりキンキンに冷えたものを飲みたいところ。

冷蔵庫で冷やすという手もありますが、卓上タイプのものだと冷却装置がついているので、冷やし忘れても野外でも冷えたビールを飲むことができます。

家庭用ビールサーバーを買うときの3つの注意点

家庭用ビールサーバーを買うときには、以下の3点に注意しましょう。

  1. ネットオークションは危険
  2. 中古品の場合は部品や保証があるか
  3. 使用頻度が少ないならレンタルもおすすめ

1.ネットオークションは危険

ネットオークションではまれに業務用のビールサーバーが売られていますが、絶対に買わないようにしましょう。

業務用のビールサーバーはビール会社から居酒屋などにレンタル品として渡されるものです。

なのでネットオークションで出品されている業務用のビールサーバーを売ることは違法行為になります。

それを知っていても知らなくても、関わった時点であなたにもリスクがあります。

ほかにもネットオークションでは、どうやって管理されていたかわからない中古品などもあるため、注意しましょう。

参考:Yahoo!知恵袋

2.中古品の場合は部品や保証があるか

ネットで中古のビールサーバーを購入する場合は、壊れたときの保証や部品がすべて揃っているか確認しましょう。

そもそも当サイトでは家庭用ビールサーバーは新品で購入することをおすすめしています。

なぜなら衛生面や故障時の保証が手厚いからです。

中古品はどうやって使われていたかわかりません。

ビールサーバーは定期的に手入れがされていないと、洗いにくい場所に雑菌がたまることもあります。

お金をケチった結果ビールサーバーを買い直すことのないように、はじめから新品を買うのがおすすめです。

3.使用頻度が少ないならレンタルもおすすめ

ビールを飲む頻度が「週に一回、缶ビール1本」程度の方なら、ビールサーバーは購入するよりレンタルがおすすめです。

ビールサーバー自体が安い買い物でもないので、衝動で買わないように注意しましょう。

ただし毎日ビールを飲む方や、友人や家族とキャンプやBBQを頻繁にする方なら、家庭用ビールサーバーを購入しましょう。

上記の方は飲む頻度が多いので、そのたびにきめ細かい泡でビールをおいしく飲めるビールサーバーを購入するのがおすすめです。

飲む頻度が少ない方はイベントのときだけビールサーバーをレンタルしましょう。

ビールサーバーを検討しているならサブスク・定額でレンタルもおすすめ

一回だけ試してみたい、ホームパーティー用、色んなサーバー飲んでみたい人におすすめなのが、サブスクを利用することです。

買わなくてすむのでハードルが低く、試しに美味しいビールを飲みたい人にいいですね。

レンタルでおすすめ①:DREAMBEER

「家庭用本格ビールサーバー」が月額制でレンタルでき、「全国のクラフトビール」の楽しみ方やビールの幅が広がります。

2種類のビールの飲み比べができ、おしゃれな見た目なのも良いですね。

51社101銘柄、近場で手に入らない銘柄のビールが飲めるのでたくさんの種類が飲みたい人や飲み比べがしたい人に向いていると思うので、ぜひ試してみてください。

お得な割引があるので、定期購入プランは便利でおすすめ!

おすすめな人サーバーレンタル料ビール料金配送本数配送頻度配送料
おまかせパック(定期購入プラン)好みのビールでおすすめを送ってくれるので、新鮮な気持ちで楽しみたい人無料ビール購入しなかった月→3,300円通常価格3,520円~4,290円(税込)2本・3本・4本2週に1回(2本・3本・4本から選択)ビール発送料のみ別途発生(地域により変動)
セレクトパック(定期購入プラン)お気に入りのビールをいつでも飲みたい人通常価格より1本あたり、220円オフ2本・3本・4本(異なる銘柄一本ずつも可)4週に1回(4本のみ選択可)
都度購入プラン自分の好きなタイミングで、毎回ビールの銘柄を選びたい人表示価格通り2本以上から注文可能注文のたびに

レンタルでおすすめ②:NBC-40

購入すると手間がかかる炭酸ガス式ビールサーバーを気軽にレンタルできます。洗浄、ガスボンベ交換、備品交換が全てなく、とても扱いやすいのがポイント。

オーストラリア産、フランス産、シンガポール産、ベルギー産の世界各地のビールが自宅で飲めます。

操作が簡単で、コンセント一つで設置できるのでどこでも利用できるので、世界のビールを自宅で再現してみましょう。

料金が安くなるので継続利用がおすすめ!

おすすめな人サーバーレンタル料ビール料金配送本数配送頻度配送料
毎月1本コースとりあえず常にビールサーバーで飲めるようにしたい人無料税込13,860円(7ヶ月目〜13,226円、13ヶ月目以降〜12,793円)8ℓ樽1本月1本個人会員で、税込5500円以上購入で無料(送料は地域と重量によって変わる)
毎月2本コース毎日缶ビール3〜5本飲む人、2種類の味で楽しみたい人無料税込21,340円(7ヶ月目〜24,530円、13ヶ月目以降ー21,969)8ℓ樽2本月2本

家庭用ビールサーバーの選び方|まとめ

今回はおすすめなビールサーバとその選び方について紹介しました。

泡の作り方や使用方法によって選び方が変わることや、簡単にレンタルできるサブスクがおすすめであることが分かりましたね。

ビールサーバーで本格的な味を楽しみたい方は、今回の記事を参考に登録してみてください。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる